インキュベーションマネージャー紹介



藤岡 喜美子【公益社団法人日本サードセクター経営者協会 執行理事】

藤岡 喜美子2010年、2011年:内閣府「地域社会雇用創造事業」iSB公共未来塾(受講者1,375名、うち起業258名、就労265名)。
2012年「復興支援型地域社会雇用創造事業」復興型iSB公共未未塾(起業63名)、社会的起業の創業やそこで働く人の人材育成を実施。特に復興支援型地域社会雇用創造事業においては、女性の創業支援に力を入れ、目標60名に対し、目標を上回る63名の起業を輩出、そのうち6割は女性の起業であったという実績を残している。2014年:全国9か所にて創業スクール、起業支援。これまで1000以上の個別コンサルティングを実施し、営利、非営利問わず、起業支援、経営支援には定評がある。「中小企業新戦力発掘プロジェクト」アドバイザー(中小企業庁、全国中小企業団体中央会)「ひとづくりの切磋琢磨による地域創生実行会議」等委員を歴任。著書:社会課題を解決する組織のためのオンリーワン戦略2014年)。
著書に『稼ぐNPO』(2016年4月出版、株式会社カナリアコミュニケーションズ)

坂田 静香【特定非営利活動法人男女共同参画おおた 理事長】

坂田 静香大田区立男女平等推進センター「エセナおおた」の指定管理者として11年間センター勤務をし、うち4年間はセンター長として公共施設の施設管理・事業運営を実施。2003年から講座企画に携わり、当初は定員割れの講座しかできなかったが、工夫と努力を重ねた結果、今では企画したほとんどが定員オーバーとなり、平均応募倍率は3.3倍に。現在、そのノウハウを教えて欲しいと、全国の自治体やNPO、市民団体から講演依頼が相次いでいる。2006年から依頼が増え北海道から沖縄まですべての都道府県にて講演依頼を受け、のべ1000回以上。著書に『人が集まる!行列ができる!講座・イベントの作り方』(講談社+α新書)、『実例でよくわかる!人が集まるチラシの作り方』(家の光協会)がある。

岡 智子【CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)、産業カウンセラー】

岡 智子長年の企業の勤務経験をもとに、主に女性、若年層を対象としたキャリアカウンセリングや起業相談、起業支援、専門学校、大学での就職講座の他、コミュニケ―ション、マナーについての企業研修の講師を務める。